メモがき #2

銃撃つのたのしい!!!みんなもDestiny2をしよう!!!
今ならDLCが激安!!!!!

じゃなくて設定めも!!!!!!!!

  • 小野音心の過去(案)

すぽいらーあらーと

  • 小さい頃は病弱で入退院を繰り返していた
    • あまりおしゃれなどもする余裕がなく(?)、髪はまとめず、持っている服もバリエーションが少なかった
  • 親同士のつながりで幼馴染だった『うーくん』が、よく見舞いに来てくれて、遊んでくれた
  • 少し時間が経ち、入院することもなくなった頃、『うーくん』は現れなくなった
  • 両親に聞いてもどうしているかわからず、音心は「自分が元気になった代わりに、『うーくん』が病気になって入院した」と思った
  • 『うーくん』を習って一人でお見舞いに行くも、どの病院でも見つけられなかった

↑後半設定甘いのでまた考える

  • 8/1にDepression公開させたい

あく!!!!!!

  • 公開の目処が立ったら音心に8/1のトーク追加「覚えてる?」(予定)

You can say anything!に関しては、何も起こらない世界線というか、平和的に永遠に続く世界にしておきたいので、ふんわりさせる

  • 死に設定「吸血鬼」「魔法」

音心の基礎設定、両親が音楽家っていうのがあって、これ昔好きだったとあるゲームのキャラをイメージしてて(実際にそうではない)
そのゲームでは「音楽の魔法」みたいなのが登場したから、そこから適性はあるんじゃないか?みたいな
ただそれだけで魔法使わせる予定はない 有明めぐみだけ
ちなみに有明めぐみまわりの設定が一番がばがばなので未来のべるがんばれ!!(丸投げ)

吸血鬼はほんとに死んでる
かつて神として君臨していた『美少女べるちゃん』は過去の存在になってしまった(設定上の意味で)
神話に暴君として描かれ、ヒトによって裁かれ消えたみたいな
ただ有明響子は神話を現実にすることに躍起になっていて、影の魔法も使えることから『美少女べるちゃん』のぱちもんみたいなの作る
それを『声』?『色』?『詩』?(←どれか決めあぐねてる)と融合させて冬の章になる
似たようなのが出てくる 似ているけど別の存在 つまり白いほう

で吸血鬼はなんなのかっていうと神話上の存在で悪魔、という扱い
悪魔なので(響子が作った)悪魔の書開けば出てくる
夏の時点でまあまあオカルトに寄ってるとは思うけど秋→冬で一気に異世界転生するからどうなの?強引じゃない?という気もする

 

とりあえず覚えていたこと吐き出したのでおわり